2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月22日 (月)

당신의 몬스터  서유미

昨日から道路がスケートリンクのような状態の札幌です。

ほんっと何年も暮らしてきてもびっくりbleah

ペッタンコのかかとの靴を履いていてもスケート靴を履いているよりあぶないぞ・・coldsweats01

そしてたぶん10日くらい前に引いた風邪もまだ引きずっているYumiでしたcoldsweats01

さて~

「あなたのモンスター」 ソユミ作家の小説を読み終えました~。

最近海さんトコで見かけた表紙で、ご記憶に新しい方も多いでしょうが・・・smile

1


こちらの本も、いくつかのお話に別れていて、主人公は変わりますが、

どこか関連があって、ひとつのストーリーとなっている長編小説です。

最初の主人公は浮浪者ですが、浮浪者が出入りしていたコンビニの店員が主人公になったり、コンビニでよく流れていた曲の作曲家が主人公であったり・・という風に。


本のタイトル、「あなたのモンスター」はまさしく「わたしのモンスター」とも言えますねぇ。

ここに登場する主人公たちは、極端な例ではありますが

私たちも何かしらのモンスター、欲望を抱えているのではないでしょうか。



主人公のひとりは会社務めの独身女性。通帳の残高が増えることが何よりの幸せ。

そして、毎週ロトくじを買うことを何よりも楽しみにしています。

新しく入社した同僚の女性もロトを買い続けていて、あるときその同僚が、黒いスーツの紳士から、当選番号が書かれた紙を受け取っているのを見ます。

その番号さえわかれば・・・という思いで心がいっぱいになり、彼女のとった行動は・・・・。

また、ある主人公は、若い頃はそれはそれは美しく、人気があった女優。

ですが30台も終わりに近づき、鏡を見るたび悲しい思いをしています。

いろいろな化粧品や美容法をためしたり、美しくなる、というウワサを聞けば、とんでもない方法まで取ってしまいます。

もう美しくないなら死んでしまった方がいい、ぐらいに考えていたある時、またまた黒いスーツの紳士から箱を受け取ります。中にはイレイザーと書かれた化粧品が・・・・・。

この女優さん、球体関節人形のようなきれいな肌にあこがれているのですが、どんな人形なのかしらと思いましたら、こ~んなお人形さんでした。

たしかにかわいい。

Photo


黒いスーツの紳士が現れるときには、あま~い香りが漂います。

みなさまも、あれがほしい、これがほしいとの思いでアタマがいっぱいの時、あま~い香りが漂ってきたらご注意なさいませ~note

ではでは~楽しいクリスマスをお過ごしください~xmas

 

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »