2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

勉強しましょう・・・。^^;

TOPIKにむけて

あいかわらず韓国語の意味調べに時間を費やしております。


が・・・・


まだまだ5級合格にも遠い、Yumiです。



でもなんか、ちょっと変わってきましたよ~。

以前はまるっきりダメこんなむずかしいのムリ

ってカンジでしたが

むずかしい意識が少し減ってきました。

カンが働くようになってきたんでしょうかね~。

うま~く漢字語を推測できると そんなにむちゃくちゃむずかしい

ものではないのかな・・? って気が。

単語さえわかれば 聞き取りもむずかしくない?

そりゃそうでしょうね~。単語さえわかれば・・。


問題はスッギ。

でも700字書いてみると、400字を書くのに頭を痛めていたのが

うそのよう。



ただ、時間的にかな~~~りきびしいものはありますよね。



時間と戦いながら 運と勘を磨いて 5級合格・・・





できたらいいなぁ・・・。



韓国語教室も楽しく通っております。

4月からお仲間も増えそうなようす。

新しい募集案内を入手したので

こっそり新聞折込よりも早く載せちゃいまーす。

お近くで、関心のある方はいかがですか~?

Chirasi2010

画像をクリックするとさらにデカくなります。(きょぇ~

2010年2月22日 (月)

ホームスティ♪

2010221_001

週末、韓国の거제도という島から子どもたちが来て、

そのうちのふたりの子が ウチに泊まりにきました。

「ガオンヌリ合唱団」というこども合唱団のメンバーのうちの

이예준(4年)と장경건(5年)のふたりです。


ウリマンネは3年で、いっしょに遊べるわ^^と思っていたのに

言葉が通じないという緊張とテレなのか、なかなかなじめないようでした。

来る前はあんなに楽しみにして おだって はしゃいでいたのに

なさけないヤツです。



かわいい~いい子たちでしたよ~。


ひとりの子が オンマの声を聞きたくてTELしたがったんですけど

ラインが混んでいる?のかなかなか通じないんですよね。

ワタシも、韓国に電話なんかしたことないし、どうしたらよいかわからなくて

その日はあきらめてもらったんですけど、納得はしてくれたんだけど

こっそりトイレで涙しててちょっとかわいそうなことをさせてしまいました。

「ケイタイからもかけさせて。」というので 一応かけさせましたが、

ワタシのケイタイからは韓国へは電話できないのでした・・。

よく話しかけてくれて、会話が通じないことも何度かありましたが

楽しいひとときでした。


ほんと、すなおで明るい子たちです。


歌もきれいで上手ですよ~~。



その子たちが持ってきてくれたおみやげです。

2010220_001

2010220_002

上が흑마늘 というもので、 한개씩食べるそうです。

下が、この中に80mlずつ入ったパックが5個入っていて

それが6箱ありました。30パックで1ヶ月分なんでしょうね。


どちらも今まで口にしたことのないもので まだ手を付けていませんが

からだによいものを持たせてくれた、子どもたちの家族の あたたかさを

感じます。


カムサ。カムサ。

2010年2月 9日 (火)

東方神起のDVD..♪

以前にチラリと紹介した、東方神起の韓国版DVD。

なかなかいいですよ~。


なんか日本語版もあるのかな・・?

内容もちょっと違うのかな?


あんまりよくわからないんですが、韓国版はソウルでのコンサートと

「지구에서 연애중」という、劇場版ドラマのDVDまで付いているのに

安いし 内容盛りだくさんだし みんなおもしろくてかっこいい~  しで

とても気に入りました。

Photo

わたしは一番左のカレが、声もすてきだし雰囲気が好きなんですけど

ドラマのDVDを見てから 左から2番目のカレが気になっています。


そんなに意味のあるドラマではないんだけどおもしろかったわ~。


学生であるカレが実は結婚していて、その妻は先生で、自分の

担任になる。というところから話が進んでいくんですけど・・・。


日本語字幕は付いてないんだけど(付いてるのかな?)充分内容は

わかるし、なんてったってカレのやさしい笑顔がステキなのよ。

妻役の先生もきれいなんだな~~。



気になった方はよかったらコチラで↓ごらんください。


http://qtv.freechal.com/Movie/QTVMovieView.asp?docid=2549383


東方神起と関根勤が出ているHeyHeyHeyの映像も笑えますよ~

하룻강아지.....

「하룻강아지 범 무서운 줄 모른다...」

という속담がありますよね・・。

「철모르고 아무에게나 함부로 힘을 쓰면서 덤비는 사람을

두고 하는 말...」だそうで、

「分別がなく、何にでもやたらに体力使いながら飛び掛っていく人を指す」

そんな意味でしょうか・・・。


今回レモンの本で속담を勉強しながら、なんとなく意味はわかっても

直訳ができない속담のひとつでありました。


하룻강아지がわからなかったんですよ・・。

わたしの中のイメージでは 하루→いちにち→いちにちの犬?→

日中家で飼われている犬?→飼い犬だから外の世界を知らない?

そーんなわけのわかんない想像力で 意味を保留にしていた속담でした。



そうしたら先日、なにげなく聞いていた듣기のテキストで

하룻강아지のことを話題にしていたんですよ~~。

ここに紹介しますね~。


하룻강아지 범 무서운 줄 모른다는 속담을 아시지요?

흔히 세상 물정 모르고 까부는 사람을 비유할 때 자주

쓰는데요.  그렇다면 이 하룻강아지는 어떤 강아지를

말할까요?  아마 많은 분들이 태어난 지 하루 된 강아지를

그렇게 부른다고 알고 계실 것 같습니다.  과연 그럴까요?

아닙니다.. 하릇강아지는 태어난 지  1년 된 강아지입니다..

옛날 우리말에는 동물의 나이를 세는 말이 따로 있었답니다.

사람의 나이를 셀 때는 한 살, 두 살, 이렇게 하지만 동물의

나이를 셀 때는 하릅, 두릅, 이런 말을 썼습니다.  하룻은

하릅이 바뀐 말입니다.. 그러고 보니 속담을 살펴보아도

하룻강아지를 태어난 지 1년 된 강아지로 봐야 뜻이 통하는

것 같습니다...............


どうですか~? みなさんはすでにご存知ですかね。

1歳の犬だったんですね~~。


最近は通勤のとき、音楽を聞くのも休んで、듣기やらKJやらを

聞くようにしているワタクシ・・・。

それでも進歩しなくてガックリくることが多い中、

わからなくてそのままにしていたものに出くわすと

うれしいですね~~。


ちなみにその後、あらためて辞書を引いてみました。

강아지でも 하루でも載っていなくてあきらめていたのに

なんと 하룻강아지 で載っているではありませんか・・。


でも・・・・・



朝鮮語辞典では・・・・・




「生まれて間もない子犬」と載っておりました・・・・・。


みなさまがどちらを信ずるか・・・・・。

ワタシは 「1歳の犬」 で行きますわ・・。

2010年2月 5日 (金)

ほしい~♪Part2

またまたほしいもの、目に入っちゃったよ~。



ワタシのもうひとつの愛用品。カシオの電子辞書。

こちらも1年ちょっと前から毎日使っており、なくてはならないもののひとつです。

ただ、収録辞書がちょっと不満でした。



それで 昨年、迷いに迷った末、コチラ↓の紙辞書を買いたしました。

Photo


そうしたら先日、とうとう発売になったじゃないの~~~。

この↑日韓辞典も収録になった電子辞書が~~


Photo_2





これが1年半前に発売になっていたら~~~。

35000円だろうが40000円だろうが

買っていただろうよ~~。 (分割で



ほしいよ~これ~~~。



どんどん新商品が進化していくのは しかたがないというか

当然のことなんだよな・・・・。

2010年2月 3日 (水)

ほしい~♪

ワタシの愛用品のひとつ、ウォークマン

1年前に買って 音楽きいたり韓国語きいたり

それはそれは重宝しています。

でもこうゆーのって すぐ新商品がでて バージョンもアップしたりしますよね。

いま売られているウォークマン。

外見はほとんど変わってないのに

なんと 語学学習機能が付いたじゃないの~~

音の速さを変えられたり ある部分だけを何度も聞けたり

3秒前の部分に戻れたりしちゃうなんて~~

ワタシにはなんて魅力的な機能

「あ~ココんとこだけもう一回聞きたい・・。」と思っても

また初めに戻らなくっちゃいけなかったのが

ちょこっとだけでいいなんて~。

「あ~この発音、なんていってんだろう・・。」ってーのだって

何度も聞きなおせちゃったりできるんじゃない?

ほんのちょっとしたことなんだけど

いいな~いいな~。

ほしいよ~~。  新しいウォークマン。

Photo

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »